ダイビング

2024年6月16日 (日)

梅雨前の波左間

例年なら梅雨時期ではありますが、ここ数日は晴れて夏日が続き、海が恋しいと思ってる方も多いのではないでしょうか?

そうしたなか、週末は館山の波左間に行ってきました

P6150002 P6150001

数日前に定置網にジンベエザメが入ったとの情報もあって、そうなるとまた週末は混雑するのかとも思われましたが今回はジンベエは放流したとのことで、この日は週末の割にはダイバーも少なく平和な時間が流れていました

ご存じの方も多いとは思いますが、波左間の海の中には水中神社があって、そこには本物の神様をお祀りしています

そして毎月1日と15日には榊やお供え物などもしていて、この日も我々が到着したときにちょうどその船が出て行ったところでしたが、その時は最近よく出没しているイルカたちもお祈りに加わってくれたそうです

ただ流れが相当強かったそうなので我々は潮が緩くなるまで2時間ほど待ってからの出船になりました

P6150005 P6150004

エントリーしてみると流れはほとんどなく、透視度も12mくらいと良い感じ

鳥居に行くとさっそく頼子(コブダイ)たちがお出迎えしてくれました

水温も21℃くらいまで上がってきたこともあってか、神社の周辺にはキンギョハナダイの小さな群れなども見られます

P6150010 P6150012

イシダイやテングダイなど立派な魚も目を楽しませてくれますが、期待していたイルカさんたちは現れてくれませんでした

どうやらある程度流れてる方がイルカたちは出てくれることが多いそうです

で、1本目が終わって上がってきたところで、今回ドライスーツで潜っていたMahoさんのスーツに問題が発生していたことが判明

シール部分から海水が侵入してしまったらしく、スーツを脱いで確認してみたら首から足の方まで濡れてしまっていたとのこと

水温は20℃を超えているとはいえ、ダイビング後半は結構冷たかったということだったので2本目は断念することに

情報ではイルカが戻ってきているのが確認できたので2本目は会える確率も高いだろうとのことでしたので残念でした

でもその代わりに時間があったので、道の駅枇杷倶楽部に寄ってフラワーガーデンを見て帰ってきましたが、ここの庭園はほんとうにきれいですね

 

追伸

帰ってから気がついたんですが、私がドライスーツのインナーとして使っているビーイズムの起毛のインナー

これってウェットのインナーとしても使えるもので、実際にウェットの下に着ても保温性が良くてなかなかの優れものです

水没するくらい水が浸入してしまうと厳しいですが、この日の水温で服が濡れる程度ならそれほど寒い思いはしないような気もします

この日はこれを持って行っていたので、そこに気がつけなかったのが残念でした

 

 

2024年6月 3日 (月)

週末の井田は台風の影響もなし

当初予定していた6月頭の房総方面ツアーは、台風の影響が残りそうなので行先を西伊豆の井田に変更して実施しました

今回参加のゲストさんは、すでに井田でアオリイカのショーを見ているので、また同じポイントでどうかな?とも思いましたが、結果的には今回も井田で正解でした

とりあえず1本目は最近行っていなかった深場を目指してー30Mへ

半年くらい前に潜った時は大しけの影響で地形が変わってしまいガイドロープも埋もれた状態になってましたが、今回はロープも見えていてその先に沈んでいるブロックもしっかりと確認することができました

特に目を引く生き物は見当たりませんでしたが、これでまた次回来る楽しみができました

その後は産卵床に移動、すると今回もアオリイカがいっぱい来てます!しかし今回はカメラを忘れてきてしまったので写真はありません、ご容赦ください

1本目は深場に行っていたのでイカをみたところで帰途につきましたが、途中1匹の大きな魚が目の前を横切ったと思ったら、我々の周りを高速で行ったり来たりしはじめました

見た感じブリ系で、手を延ばすと指先をかすめるくらいの近さで泳いでいって、まるでエサをねだっているよう

こんな光景は初めてです

井田DCのスッタッフさんによるとヒラマサか?と言ってましたが、他にも同じ行動を見たチームはいたけどまだ自分は経験してないということで羨ましがってました

2本目はまず産卵床に行って、その後はケーソンの先で小物でも探そうかという計画で潜りましたが、産卵床に行ったらアオリイカの産卵が凄いことになってます

一応エントリー前にアオリイカがいっぱい来てるようだったら小物なんか放っておいてイカに専念したいという希望だったので、もう移動はなし

自分はカメラを持っていなかったので今回はイカの行動をじっくりと眺めることができましたが、数えてみたら20ハイ以上来ていて、来るたびに見られる数が増えている感じです

前回もここでイカを見ていたゲストさんたちも、今回は更に近づいてじっくり見られて満足とのことでした

Img_20240601160335033

今回の唯一の写真は久しぶりに戸田に行って食べたお食事、ユメカサゴとキンメの煮つけ

平日だと営業時間の関係でなかなかダイビング後には寄れないんですが、今回は土曜日ということで16時ころでも開いていたので寄ることができました

2024年5月24日 (金)

まだまだ続いてるアオリイカの産卵

今回もアオリイカの産卵ショーのリクエストで井田に行ってきました

P5230104

曇り気味、気温23度で暑くも寒くもなくて快適な陽気、富士山の雪もだいぶ少なくなってきました

水温は19~20℃くらいまで上がってきて、ウェットで潜ってるダイバーも見られるようになってきました

P5230097

この日は大潮で、1本目は下げいっぱいで潮が引いたところでエントリー

半年ぶりのダイビングということなので浅場で器材などのチェックをしたあとは産卵床へ直行!

最初は数匹しか来てないかな?と思ってましたが、ほかにダイバーも居ないので着底して待っているうちに次々とアオリイカがやってきて乱舞状態になってきました

結局ここで20分以上滞在して終了、帰りの途中でこんなものも見たかなという程度で1本目は終了

P5230102

休憩中は日差しも少なくて快適な陽気なので自分は地べたに横になってひと眠り、とても気持ちよく過ごせました

まだ水は冷たいものの、インナーなどを着て快適に潜れる方は、今日みたいな陽気ならウェットスーツのほうが楽しめそうですね

2本目は干潮から2時間ほど過ぎた午後の1時ころにエントリー

産卵床に着いたときは先客のダイバーがちょうど離れた時で、今回も我々だけになったので着底して待っていたら、いくらもしないうちにイカたちが続々とやって来てショーの再開

P5230123

1本目の時よりも更に増えていたので数えてみたら20匹以上は来てましたよ

この時の様子はMotoさんがYouTubeにあげてくれている動画によく映ってますが、こちらのブログにはリンクが貼れないので見てみたい方はMotoさんにリクエストしてみてください

P5230110

今回は卵も撮ってみましたが今はこんな感じです

この産卵ショー、例年は6月くらいまでは見られますが、その年によってよく見られるポイントや時期も変わるので外してしまうことも少なくありませんが、この時期の風物詩なので興味ある方は問い合わせください

 

 

 

 

2024年5月17日 (金)

今回も井田でアオリイカ

前回(4/29)の井田ツアーに参加できなかった方からの強いリクエストで、今回もまだ産卵ショーが続いているという井田に行ってきました

ただこの日は午後から風が吹き出すという予報だったので船橋を5時に出発、途中休憩もそこそこに早めの現地到着を目指したおかげで9時30分から1本目をスタートし、なんとか海が穏やかなうちに2本潜ることができました

狙いもイカだけに絞って産卵床に一直線!

で、たしかにアオリイカは来てましたが数杯程度で前回に比べるとちょっとしょぼい感じは否めません、しかも水も白濁気味で視界もイマイチ

P5160784

それでもゲストさんとともに10分近く眺めることができ、安全停止中はこんなのも見られてそこそこの満足度も得られて1本目は終了

2本目もまだ水面は穏やかな状態でスタート、今回も同様に産卵床に直行

そしたら今度は結構一杯来てましたよ!

P5160790

初めの頃は他のグループも来てたのでちょっと控えめな位置で見てましたが、やがてそのグループが去ってからは独占状態

ぐっと近づいてみますがイカたちは我々のことなど関知していないという様子で自分たちのことで精いっぱい、じっくり楽しませてもらいました

P5160801

ということで今回のダイビングはほぼイカだけ、でもこれが見たかったUmikoさんは満足いただけたようです

結局午前中で潜り終えることができたので風に吹かれることもなく、その後はご希望だった戸田の温泉に寄って帰ったんですが温泉を後にした15時ころには強風が吹き始め峠では霧も出て不穏な天気になってました

P5160806

最後の写真は最近帰路の休憩で寄っている山北の道の駅

冬場はここで休憩する頃は夜空に星もきらめいてますが、夏が近づいて日没もだいぶ遅くなってきたので第二東名の建設現場もはっきりと見られるようになってきました

この景色を見ると、バモスからも良く見えた東京スカイツリーを建設していたころの眺めを思い出してしまいました

2024年4月30日 (火)

アオリイカの産卵ショー 始まってます

最近西伊豆の方の透明度がとっても良く、アオリイカの産卵も始まってるよ!との報告を聞き、井田に行ってきました

急遽のツアー設定だったので参加できたのはKさんだけでしたが、まだ産卵してるところは見たことがないとのことだったので、なんとか見ていただきたいと祈るような気持ちでエントリーしましたが、1本目からイカさんたちがいっぱい来てましたよ!

P4290582

産卵ショーの見ものといえば、やっぱり集まったイカたちが興奮して目まぐるしく体色を変えて、時にバトルを繰り広げながら次の世代に命をつないでいく営みが見られるところでしょうか

そして時折背後をスズメダイの大群が泳いでいくのも見られて、なかなかの絶景!

この時は他に来ているダイバーも1名だけだったのでゆっくりと見ることができました

P4290593

2本目も産卵床には多くのイカが来ていましたが、透視度も12mくらい見えていたので遠目でイカたちを見ながら先の方に居るというカエルアンコウを探しましたが見つけられませんでした

そこでもう一つ情報をいただいていたコケギンポを見て戻ってきました

P4290614

この日の水温が19℃前後

前日(4/28)は真夏日になって地上が暑くて大変だったようですが、この日は曇り気味で気温も24℃前後だったのでドライスーツでもそれほど暑い思いをせずに過ごすことができました

それにしてもGWの時期でこれだけきれいな海、そしてたくさんのアオリイカと出会えるのはとってもラッキーでした

 

2024年4月 6日 (土)

モルディブ 船上生活編

今回は皆さんも気になるであろうクルーズ船での生活編を簡単にご紹介しますので、今後クルーズツアーに参加してみようかなと思う方への参考になればと思います

なお昨2023年2月のブログにも船上生活編を載せてますのでそちらもご参照ください

 

まずは一番気になるであろうベッドルームから

今回はツアーに参加したKさんからいただいたスタンダードルームの写真です

1712374504276 1712374504456

広々としたツインルームでバス・トイレ付、ベッドの上にはこんなものも

 

そして食事や休憩中にくつろげる共有スペースはこんな感じ

P3270229P3270227

写真は最終日のディナーということで、この後に今回は100本と700本記念ダイブの方が居たのでお祝いもしたりしましたが、普段はブッフェ形式でいろいろな料理から好きなものをとってきて食べる形式

食事の後はこちらのテーブルや周囲にあるソファーでお酒を飲みながら談笑したりログをつけたりと、めいめい好きな時間を過ごしたりするスペースになります

 

また船尾にはなこんなスペースもありますが、こちらは室外なので南国の風を感じながら景色を眺めたり喫煙スペースにも使われてました

1712374560711

ここから見る朝や夕方の景色は私もお気に入りでした

P3240044 P3270221

 

それから今回のクルーズはちょうどイスラームのラマダン、断食月にあたっていました

現地スタッフは全員がムスリムというわけではないようですが、モルディブがムスリムの国ということで日が出ている間は全員が絶食、そして日没とともにみんなで賑やかに食事を楽しむというスタイルで、その時の食事がこの写真

P3270219

で、その食事時間にキッチンのそばを通ると我々にもおすそ分けを勧めてくれるんですが、これらは我々のブッフェメニューではでてこないいわゆる”まかない”になるんでしょうが、これがまたスパイシーでうまい!

日中の断食中はサービスが悪くなるんじゃないかと心配もあったようですが、それはまったくの杞憂で、むしろこんなおいしい料理も食べられてラッキーなくらいでした

 

通常の食事以外にもお茶やコーヒー、そしてバナナやビスケットなどの軽食もフリーですが、ここで出されているビスケットが美味しかったのでお土産用にと帰りの空港で探してみたんですが見つかりませんでした

そして最終日にはこんなものも

P3290298

ダイビング中はジンベエには会えませんでしたが、最後にこんなかわいいジンベエとの出会いが待ってました

 

最後の写真は今回一緒に潜ったダイバーやスッタフさんたちとの集合写真

P3290304

今回は乗合のクルーズツアーに参加する形だったので偶然乗り合わせた方々との共同生活でしたが、皆さん同じ目的で乗り合わせてるので和気あいあい

国も日本人が大半でしたがインド駐在の日本人、そして香港やスペインからきていた方もいて楽しい日々を過ごすことができて、こんなところもクルーズツアーの魅力といったところでしょうか

 

 

 

 

2024年4月 5日 (金)

モルディブクルーズツアーご報告

3月の末、8日間のモルディブクルーズツアーに行ってきました

クルーズツアーということでダイブクルーズ船に乗り、潜って、食べて、飲んでの気楽な洋上生活を楽しんできました

 

成田を昼前に出て、スリランカで乗り換えてモルディブに到着

空港近くの船着き場にはクルーズ船のお迎えの船が待っていて、その日のうちにクルーズ船に乗船して1日目の行程は終了

明けて2日目から1日に3~4本潜るダイビング三昧の生活が始まりました

 

初日はチェックダイブからスタート

でもチェックダイブとはいえいきなり36mまで直行、そこは魚加工工場から捨てられた魚肉を求めてやってきたサメやエイがうようよ!いきなりハンマーヘッドシャークまで登場

チェックダイブ後はウツボがいっぱいのポイントへ、こちらのウツボの太くてでっかいこと!

実は後日、同乗していた香港からのダイバーが腕を噛まれて数針縫う怪我をすることになるのですが、この巨大ウツボに噛まれたらさぞ痛かったこととでしょう

P3240034

 

前日の長旅の疲れもあってか初日のダイビングでは若干体調がすぐれないかたもいたようですが、幸か不幸かクルーズ船の機器の不具合で夜間は停泊したままだったこともあってか2日目になると少しずつ皆さん元気を取り戻してきた感じです

そして2日目に行ったのはヨスジフエダイやマンタが見られるポイントへ

P3250069 P3250084

母船が動けないのでダイビング用のドーニーでやや長めの移動にはなりましたが、マーレの空港からそう遠くもない所でもこれだけのスターたちが見られるのはさすがモルディブといった感じです

この日のダイビングの後は母船も動き出していよいよ環礁巡りの旅がスタートとなりました

 

2日目まではそれほど流れもないポイントでしたが、いよいよ3日目からは断崖(ドロップオフ)や水路(チャネル)といった大物との出会いも期待できるダイビングがスタート、そして期待にたがわぬダイビングが待っていました

P3260088 P3260147

たくさんのツバメウオの群れやギンガメアジのトルネードなど、やっぱりこれが見られると遠くまで来た甲斐があったなと感じます

そしてマンタが凄い!

昨年来た時も何枚ものマンタが舞っていましたが、今回も根の近くで待っている我々の頭上をマンタがぐるぐる行ったり来たり

もう自分は途中で見飽きてしまって近くに現れたタコの方を注目してました😵
P3260171

そしてこの日はナイトでもマンタ狙い

ただ潜ってすぐに土砂降りと強風で水面が荒れてしまったためか、マンタは潜り始めに現れた後は姿を消してしまいましたが、この日はマンタで満腹の一日でした

 

4日目の朝食前の朝イチダイブはヨスジフエダイの大群が見られるポイントへ

昨年行った時は強烈な流れで大変でしたが、今回もそこまではいかないまでもカレントフックも登場するくらいの流れがあり、そのぶん元気な魚たちをみることができます

P3270191

朝食後は狙いをジンベエザメに定めてジンベエポイントに向かいました

しかし最近は目迎情報も少ないらしく周辺を走っている船からも発見の報告がありません、そのため偶然の遭遇を期待して潜りましたがやはりジンベエには会えず

P3270207

でも明るい海の中はいろいろな魚が見られて、そこをゆっくり流すのも悪くない感じでした

 

ダイビング最終日となる5日目はまドロップオフからチャネルへとダイナミックな感じが味わえるポイントへ

ただ連日のダイビングで窒素もたまっており、ダイコンの指示は厳しめの数値を示します

一緒のグループはナイトロックスを使ってますが、我々は空気潜水だったので早めに上がらざるを得ないのが残念ではありましたが、透明度は良いのでそれほど気にはならない感じでした

そして最後のダイビングは浅めのサメポイントへ

P3280287 P3280285

サメといってもおとなしいナスシャークでご覧の通り、近づいてそのサメ肌に触っても我関せずといった感じ

目をアップで撮っても平気で、Kさんは誤ってフィンで蹴とばしてしまったそうですがまったく動じなかったそうです

 

以上が今回のクルーズで、5日間16ダイブを楽しんできました

ジンベエには会えませんでしたがマンタはいっぱいのツアーでした

 

なおここでご紹介できなかった写真や動画はフェイスブックやYouTubeに掲載の予定ですが、個人情報のこともあってご紹介できないものもあります

ということで5/25(土)の夕方に代々木公園近くのニンニク料理屋さんで報告会を開催しますのでよろしければお越しください

 

 

 

 

 

 

 

 

2024年3月 8日 (金)

西川名のビーチの下見会に行ってきました

館山の西川名のビーチの下見会に行ってきました

西川名といえば大物と出会えるけど流れも強くて大変!というイメージがあるようで、実際ある程度経験を積んだダイバー向けのポイントです

しかし現地のスタッフさんによるとビーチは講習やスノーケリングでも使えるし、ボートでも行ける漁礁ポイントも流れが入らないので初心者でもOKと聞いていたので、今回の下見会に行ってみることにしました

P3071925 P3071924 

入り口はこんな感じ

現地のスタッフさんたちの努力で滑りにくいように岩の付着物はきれいに削り取ってあり、手すりも付いているので伊豆でよく遭遇する石がゴロゴロした所より歩きやすくなってます

P3071926

入ってすぐの所も根が防波堤の役割をしおているので穏やか、浅いのでスノーケリングも楽しめます

P3071932 P3071945

浅い所を抜けるとこんな感じ、水深は5~10Mくらいなので日が差せばとても明るく、所々に存在する白いガレ場や砂地はとてもきれい

小物好きならこんな所で石をひっくり返したりしてて生き物探しも楽しいかもしれません

P3071952 P3071955

この日の水温は私のダイコンで15℃前後だったので魚の群れなどはあまり見られませんでしたが、ビーチからでも漁礁まで行けるのでこれからの季節が楽しみです

ただ地形がわかりにくくて数回行っただけではなかなか覚えられそうもないので、ぜひともみなさんからリクエストをいただいて地形を覚える機会をいただければ幸いです💦

とにかくここの良い所はほとんどダイバーが居ないところです!そして伊豆よりも近いので移動も楽だしツアー代もお安くなります

静かに海の中を楽しみたい方にはなかなか良い所になりそうです

P3071958 P3071961

最後は帰りに寄った道の駅の枇杷倶楽部、庭は春の花で埋め尽くされ、川の向こうには菜の花畑も見えて春の気分満喫でした

 

 

 

2024年2月18日 (日)

やっぱり凄いぞ!西川名

館山の西川名で潜ってきました

ここで潜るのはほぼ5年ぶりですがスタッフさんたちも明るく迎えてくれました、千葉のポイントはどこもアットホームな感じで落ち着きます

今回は2本とも流れはほとんどなくて、水中は穏やかな海が待ってましたが水温は低めで15℃

そんなこともあってか魚の群れも西川名にしては少なめ、で私も久々の海ということでコースも確認しながらのご案内になったので写真も少なめです

P2171859

そんなわけでコース確認に注意を奪われてる私がゲストのKさんを振り返ったら、何やらこちらを手招きしているので戻ってみたらなんとウミガメが!

Kさんは渡嘉敷ではウミガメとの出会いはなく、昨年の雲見でも遠くに泳ぎ去る姿しか見られなかったので、今回は間近に見られてとってもラッキーでした

前回の井田でのちっちゃいカエルアンコウ発見とともに、今回もゲストさんに教えてもらうという結果になってしまいましたが、ここはやはり発見したKさんに敬意を表したいと思います

2本目も1本目と同じAブイからのエントリーになったので1本目と逆回りのコースにしましたが、今度は巨大なカエルアンコウを発見

2mくらい離れた場所からでも一目でわかるほどの大きさで、指示棒の金具部分を横に置いて写真を撮ってみました

P2171867

他にもクエなど大物の魚も出没してましたが、ここでは当たり前の風景になっているのが西川名の凄いところです

今回はV字谷の方には行きませんでしたが、そちらには常連のヒゲダイなども居たみたいです

ここ西川名は行けるエリアが広くて見どころもいっぱいありますので、ぜひまた次回のリクエストをお待ちしております

 

 

2024年2月13日 (火)

河津桜満開の井田

2月前半の三連休の最終日、西伊豆の井田に行ってきました

天気は快晴、海もおだやかで絶好のダイビング日和

村の入り口は河津桜が満開で、写真を撮ってる一般観光客も結構来てました

P2121844P2121846

そんななか、今日はKさんの水中カメラデビューの日となりました

撮影については私に教えられるようなテクニックはないので実地で覚えてもらうこととして、それ以前に必要になる水没や結露などをさせないための事前レクチャーをしてからのエントリーになりました

水中はこの時期ならでは良好な透明度で、水に差し込む光もとってもきれいな素晴らしいコンディション、ただ中層を泳ぐ魚の群れはさすがに少なめです

でも小物類もいるということでカエルアンコウを探しますが1本目では発見できず、2本目でようやく体長5mmほどの白い個体を発見できて、小さいものを撮るときの扱いも一応見てもらうことができました

で、その白い子を撮り終わった後にちょっと移動して振り返ったら、Kさんが水底で何か無心に撮影中

なんと、別の黄色っぽい子を発見して撮っていたとのこと、凄いですね!

ちなみに今回私はカメラを持って行かなかったので、水中風景はありませんが代わりに見どころが多かった地上の風景をご紹介しましょう

P2121840P2121841 

井田の集落では水仙も満開で、土筆も顔を出してました!

ちなみに例年は桜とともに春を彩る菜の花については、今年は早めに咲いてしまったので今は一足先に盛りを過ぎてしまったとのこでした

P2121843

そして沿道では無人販売所のミカンも多数売ってましたが、いつもの集落内にあるの無人販売では黄金柑も売ってました、これも美味しいんですよね

ダイビング楽しんだ後は戸田の温泉に寄って風呂から上がったころはちょうど日の入りの時間が近かったので、夕陽を見にちょっと寄り道してごらんのような風景を楽しむこともできて、なかなか充実した立春過ぎの一日になったのでした

P2121850 P2121855

 

 

 

 

 

より以前の記事一覧