« 2024年5月 | トップページ

2024年6月

2024年6月16日 (日)

梅雨前の波左間

例年なら梅雨時期ではありますが、ここ数日は晴れて夏日が続き、海が恋しいと思ってる方も多いのではないでしょうか?

そうしたなか、週末は館山の波左間に行ってきました

P6150002 P6150001

数日前に定置網にジンベエザメが入ったとの情報もあって、そうなるとまた週末は混雑するのかとも思われましたが今回はジンベエは放流したとのことで、この日は週末の割にはダイバーも少なく平和な時間が流れていました

ご存じの方も多いとは思いますが、波左間の海の中には水中神社があって、そこには本物の神様をお祀りしています

そして毎月1日と15日には榊やお供え物などもしていて、この日も我々が到着したときにちょうどその船が出て行ったところでしたが、その時は最近よく出没しているイルカたちもお祈りに加わってくれたそうです

ただ流れが相当強かったそうなので我々は潮が緩くなるまで2時間ほど待ってからの出船になりました

P6150005 P6150004

エントリーしてみると流れはほとんどなく、透視度も12mくらいと良い感じ

鳥居に行くとさっそく頼子(コブダイ)たちがお出迎えしてくれました

水温も21℃くらいまで上がってきたこともあってか、神社の周辺にはキンギョハナダイの小さな群れなども見られます

P6150010 P6150012

イシダイやテングダイなど立派な魚も目を楽しませてくれますが、期待していたイルカさんたちは現れてくれませんでした

どうやらある程度流れてる方がイルカたちは出てくれることが多いそうです

で、1本目が終わって上がってきたところで、今回ドライスーツで潜っていたMahoさんのスーツに問題が発生していたことが判明

シール部分から海水が侵入してしまったらしく、スーツを脱いで確認してみたら首から足の方まで濡れてしまっていたとのこと

水温は20℃を超えているとはいえ、ダイビング後半は結構冷たかったということだったので2本目は断念することに

情報ではイルカが戻ってきているのが確認できたので2本目は会える確率も高いだろうとのことでしたので残念でした

でもその代わりに時間があったので、道の駅枇杷倶楽部に寄ってフラワーガーデンを見て帰ってきましたが、ここの庭園はほんとうにきれいですね

 

追伸

帰ってから気がついたんですが、私がドライスーツのインナーとして使っているビーイズムの起毛のインナー

これってウェットのインナーとしても使えるもので、実際にウェットの下に着ても保温性が良くてなかなかの優れものです

水没するくらい水が浸入してしまうと厳しいですが、この日の水温で服が濡れる程度ならそれほど寒い思いはしないような気もします

この日はこれを持って行っていたので、そこに気がつけなかったのが残念でした

 

 

2024年6月 3日 (月)

週末の井田は台風の影響もなし

当初予定していた6月頭の房総方面ツアーは、台風の影響が残りそうなので行先を西伊豆の井田に変更して実施しました

今回参加のゲストさんは、すでに井田でアオリイカのショーを見ているので、また同じポイントでどうかな?とも思いましたが、結果的には今回も井田で正解でした

とりあえず1本目は最近行っていなかった深場を目指してー30Mへ

半年くらい前に潜った時は大しけの影響で地形が変わってしまいガイドロープも埋もれた状態になってましたが、今回はロープも見えていてその先に沈んでいるブロックもしっかりと確認することができました

特に目を引く生き物は見当たりませんでしたが、これでまた次回来る楽しみができました

その後は産卵床に移動、すると今回もアオリイカがいっぱい来てます!しかし今回はカメラを忘れてきてしまったので写真はありません、ご容赦ください

1本目は深場に行っていたのでイカをみたところで帰途につきましたが、途中1匹の大きな魚が目の前を横切ったと思ったら、我々の周りを高速で行ったり来たりしはじめました

見た感じブリ系で、手を延ばすと指先をかすめるくらいの近さで泳いでいって、まるでエサをねだっているよう

こんな光景は初めてです

井田DCのスッタッフさんによるとヒラマサか?と言ってましたが、他にも同じ行動を見たチームはいたけどまだ自分は経験してないということで羨ましがってました

2本目はまず産卵床に行って、その後はケーソンの先で小物でも探そうかという計画で潜りましたが、産卵床に行ったらアオリイカの産卵が凄いことになってます

一応エントリー前にアオリイカがいっぱい来てるようだったら小物なんか放っておいてイカに専念したいという希望だったので、もう移動はなし

自分はカメラを持っていなかったので今回はイカの行動をじっくりと眺めることができましたが、数えてみたら20ハイ以上来ていて、来るたびに見られる数が増えている感じです

前回もここでイカを見ていたゲストさんたちも、今回は更に近づいてじっくり見られて満足とのことでした

Img_20240601160335033

今回の唯一の写真は久しぶりに戸田に行って食べたお食事、ユメカサゴとキンメの煮つけ

平日だと営業時間の関係でなかなかダイビング後には寄れないんですが、今回は土曜日ということで16時ころでも開いていたので寄ることができました

« 2024年5月 | トップページ